乾燥肌のための基礎化粧品選びのポイント

乾燥肌や敏感肌のスキンケアは特に気を遣うもの。
お肌が乾燥しやすいと赤みが出たりピリピリとした痛みを感じたり、お肌が荒れたりと嫌な症状が色々と出てきます。

 

それを改善するためには化粧水や乳液などの基礎化粧品を使うことになりますが、お肌に合わなくて悪化するといった事態は避けたいものです。
敏感肌用の基礎化粧品はたくさん出ていますが、どういったものを選ぶと良いのでしょうか?

 

一つ目のポイントとして、刺激になるような成分が含まれていないものを選びましょう。
何が刺激になるかは人によって違いますが、基本的にアルコールや香料、着色料はお肌の刺激となることが多い成分です。

 

また、それらが含まれていない基礎化粧品やオーガニックコスメなどの自然派な商品でも、含まれている成分によっては刺激になってしまったり、アレルギーを起こしてしまうこともあります。
アレルギーがある方は事前に成分の確認をし、購入する前にサンプルなどで試してみることが大切です。

 

また、無添加や低刺激といった言葉を過信しすぎないことも大切です。
無添加、低刺激、敏感肌用といった表記のあるものは通常よりお肌に刺激の少ないよう作られていますが、肌トラブルを起こしてしまう原因となる成分は人によってそれぞれです。

 

肌トラブルに繋がる恐れがあり、表記が義務付けられている成分だけでも102種類にもなります。
これら102種類の成分が入っていないものが無添加などと表記されて売られているのですが、全ての人に肌トラブルが起こらないとは限りません。
敏感肌用の基礎化粧品を選んだ際も、目立たないところで試してから使用するといった工夫はした方が良いでしょう。