乾燥肌のための朝のスキンケア

洗顔は朝と夜の二回するとよい、というのが一般的ですが、乾燥肌の方には「洗顔をすると乾燥してしまうのでしたくない」という方も居るのではないでしょうか?
朝は時間がないことも多く、きちんとスキンケアができないことも少なくありません。
しかし、朝のスキンケアこそ乾燥肌を改善するのに重要なポイントなのです。

 

朝のお肌は、夜寝ている間に付着したホコリなどの汚れや、代謝で生じた老廃物などが付着しています。
これらを取り除かずそのままメイクをしてしまったりすると、もちろんお肌によくありません。
ですので、汚れを洗い流すこと自体はとても大切なこと。しかし、朝はそこまで洗顔に洗浄力を必要としないので、ぬるま湯ですすぐだけで十分なのです。

 

熱すぎるお湯や冷たすぎる水はお肌にとって負担になることがありますので、30~35度くらいのぬるま湯で洗顔するのがポイントです。
ぬるま湯でも乾燥してしまって…という場合は、ふきとり化粧水を使うのもいいでしょう。
ふきとり化粧水はお肌に負担をかけずに古い角質や汚れを取り除くことができるのでおすすめです。

 

洗顔やふきとりの後は、化粧水などできちんと水分を補いましょう。
洗顔料を使っていなくても、洗顔をした後のお肌はとてもデリケートです。化粧水で水分を補い、乳液などで水分を逃がさないようにフタをしましょう。

 

この時、手のひらでお肌を叩くようにしたり、こするように塗り込むのはお肌に負担をかけるのでNGです。
優しくおさえるように、しっかりと浸透させましょう。