乾燥肌に合ったクレンジングとは

毎日のクレンジングはお肌を健やかに保つために大切なことですが、クレンジングの後つっぱってしまったりして合わないということもありますよね。
乾燥肌の場合は特に、クレンジングや洗顔料が合わないと乾燥がいつまでもおさまらず辛い思いをすることもあります。
乾燥肌に合うクレンジングとは、いったいどんなものがあるのでしょうか?

 

一概には言えないのですが、乾燥肌の方は基本的にクレンジングクリームやクレンジングミルクから試すのがオススメです。
この二つは合成界面活性剤などのお肌にとって刺激になる成分が少なく、お肌への負担を抑えることができます。
オイルタイプやリキッドタイプも悪いということはないのですが、界面活性剤がクリームやミルクよりも多く含まれています。

 

界面活性剤は洗浄力に影響するので、オイルやリキッドタイプに慣れている人はクリームやミルクタイプに切り替えると、メイクがしっかり落ちていないような気がするかもしれません。特に目元などに濃いメイクをする場合は、あらかじめポイントメイクリムーバーで落とすなどの工夫が必要です。
しかし、濃いメイクでなければクリームやミルクでも十分に落とすことができます。

 

そうは言っても、人によってはウォータープルーフのファンデーションを使わなければならないような、しっかりとしたメイクが必要な方もいらっしゃることでしょう。

 

そういう方はクレンジングクリームやミルクで無理に落とそうとすると、かえってお肌の負担になりますので、無添加や低刺激のオイルタイプのものを使った方がいいかもしれません。

 

オリーブオイルやホホバオイルそのものでクレンジングをするという方法もありますので、オイルはダメと決めつけずに自分に合ったものを探していくと良いでしょう。