全身の乾燥肌には自然な物を

秋から冬にかけて全身が痒くなり、ひどい時には睡眠もままならない方もいることと思います。乾燥肌は皮膚に潤いが無くなり、表面に白い粉が吹いたようになってしまいます。その白い粉はリンセツといって、角質細胞が皮膚表面に付着したもので乾燥肌の特徴でもあります。それをかきむしってしまってはますます肌を傷め、角質をどんどん剥がしてしまいます。

 

乾燥肌の方はお風呂に入った後の身体に付いた水分と共に、肌の潤いも蒸発してしまうのですぐに身体を拭き、全身に潤いを与えてあげなくてはいけません。保湿成分としてセラミドがメジャーとなっていますが、市販の前身用のケア商品にもセラミドが含まれた製品が多く出ていますので選んでみてはいかがでしょうか。

 

そこで大切なのがセラミドと言っても種類があり、中でもヒト型セラミドという成分は保湿力が高くうえに刺激が少ないのが特徴と言えます。気を付けてほしいのは疑似セラミドで、化学合成の製品ですのであまりお勧めはしません。選ぶ時もしっかりと成分表をみて購入してほしい物です。

 

乾燥肌にとってもちろん乾燥は大敵です。お部屋の加湿も十分にすることをお勧めします。また肌着など直接肌に触れるものはできるだけ天然素材の製品を身に付けると良いでしょう。