乾燥肌を改善するために効果的な入浴法

寒い季節になると、肌が乾燥しやすくなるという方が多いです。
これは空気が乾燥していることで、肌から水分が奪われカサカサしてきてしまうからです。
最初は症状が軽くても、どんどん悪化して肌の表面が粉をふいたり、かかとなどはひび割れしてしまう可能性もありますので、早めに対処することが重要です。

 

この状態のときに実践したいのが、毎日少しの時間でも入浴をするということです。
忙しくて時間がない場合、ササッとシャワーのみで済ませるという人もいますが、これでは体が冷えやすくなります。
冷えが続くと肌のターンオーバーが正常に働かなくなるため、乾燥肌が改善しにくくなってしまうのです。
そのためシャワーだけで済ますのはやめて、可能な限り入浴をするようにしたいです。

 

そんな入浴ですが、乾燥肌をよくするためには入り方にも気をつけたい点がいくつかあります。
まず熱すぎるお湯は避けて、ぬるま湯に近いお湯に入るようにすることや、保湿効果のある入浴剤を使用すること、あまり長風呂はしないことなどの点を守りたいです。

 

そのほか、石鹸などを使い体をゴシゴシ洗うのをやめ、ある程度のうるおいを残してあげることや、入浴後にはすぐ保湿ローションを体に塗ってあげることも効果的です。
こういった点などを日ごろから意識していくことで、悩んでいる乾燥肌が少しずつよくなってくるのです。