乾燥肌で頬が粉ふきになる

乾燥肌とはその名のとおり肌が乾燥しやすい人のことです。

 

冬場は空気が乾燥することもあり肌が荒れて頬など粉ふきになってしまうなど悩む人も多くなります。皮膚の水分は体内か空気中の水分によって供給されるのですが、乾燥肌の人は皮脂の分泌量が少なく、角質に水分を十分に含んでいることができない状態なので、その状態で空気が乾燥してくるとどうしても肌が乾燥して荒れてきてしまうのです。

 

健康な肌とは肌の表面のキメが整っていてなめらかな状態です。キメが整っていることから水分を保ちハリや弾力がある肌になります。一方乾燥肌とは、肌表面のキメが乱れている状態です。乾燥によって角質がめくれてしまい、粉ふきを起こしてしまうのです。

 

頬などが乾燥してしまうと、メラニンの生成も増えてしまうことでシミ等の原因にもなってしまうのです。またハリや透明感のないくすんだ肌に見えてしまったりといいことはありません。

 

乾燥肌に必要なことは、スキンケアです。化粧水を多くつけているだけでは改善することは難しく、つけすぎて汚れてしまい肌が荒れてしまうこともあります。水分やセラミド、コラーゲンといった保湿成分を適量与えて、潤いを逃がさないようにスキンケアを行うことが大切なのです。